NPO施無畏がジョブサポートパワー株式会社と業務提携

  1. ニュースリリース
  2. 99 view

リモートワークを活用した障がい者雇用の導入拡大を目指して

NPO施無畏(東京都千代田区 代表理事:遠藤久憲)とジョブサポートパワー株式会社(東京都立川市 代表取締役:小川慶幸)は、両法人が強いノウハウを持つ「リモートワークを活用した障がい者雇用」を総合的に結びつけ、企業における障がい者雇用導入を拡大、全国の障がい者に雇用チャンスを大きく創出することを目的に業務提携をいたしました

■業務提携について
 NPO施無畏は2006年に創立。障がい者をターゲットとしたメディア発行をはじめ、2012年に現在も発行しているフリーペーパー「Co-Co Life☆女子部」創刊。このメディアは、障がい当事者がライターを務め、プロの編集者が障がい者ライターとリモートでつながり、協業するスキームで9年間制作を継続。2020年、フリーペーパー制作のノウハウを活用した就労領域の新事業「リモートライティング障がい者雇用支援サービス」を開始。

 ジョブサポートパワー株式会社は、2001年マンパワーグループ株式会社の関連会社として設立。2003年マンパワーグループ株式会社の特例子会社に認定。2004年より在宅勤務社員の募集を開始。2013年には、全社員の半数以上が在宅勤務となる。テレワーク導入最先端企業として、2015年第4回日本HRチャレンジ大賞 奨励賞をマンパワーグループ株式会社として受賞。2016年、総務省「テレワーク先駆者百選」に認定。2019年、障がい者雇用エクセレントカンパニー賞(東京都知事賞)を受賞。

 リモートツールを使用して、障がい者ライターを戦力化し、メディア発行を続けてきたNPO施無畏。いち早く在宅勤務を導入し、障がい者テレワーク業務の最先端をいくジョブサポートパワー株式会社。コロナ禍以前から、リモートワークをすすめてきた両法人が、それぞれの強みを持ち寄り、障がい者のリモートワークの可能性を広め、企業における障がい者雇用の導入拡大、および全国の障がい者へ雇用機会のチャンス創出を目指すことで合意し、業務提携にいたりました。

■業務提携内容
 上記タスクを達成するため、以下のような取り組みを始めとする協業を開始します。
・両法人が展開する就労領域サービスにおいて、両法人で情報を共有するとともに、お互いのサービスを各顧客に情報提供
・障がい者雇用の更なる発展を目指して、共同サービス・コンテンツを構築
※具体的なサービス構想、ビジネススキーム、提供コンテンツ、サービス施策などに関する情報は、必要に応じてリリース予定です。

 

<参考資料>
NPO施無畏
■団体概要

2006年に創立。2012年に障がい者向けフリーペーパー「Co-Co Life☆女子部」創刊。障がい当事者がつくるメディアとして話題を集め、NHKほか各種メディアに掲載。2018年日本初の障がい者タレント事務所「Co-Co Lifeタレント部」を立ち上げ(2020年事業譲渡)。2019年には1900人の障がい者パネルを活用した調査機関「Co-Co Life調査部」の発足と次々に新しいサービスをカットオーバー。2020年Co-Co Life調査部の就労領域新事業として「リモートライティング障がい者雇用支援サービス」をリリース。
法人名:特定非営利活動法人施無畏
代表者:代表理事 遠藤久憲
所在地:東京都千代田区二番町5番地2
ホームページ:https://research.co-co.ne.jp/


ジョブサポートパワー株式会社
■会社概要
2001年に創立。2003年にはマンパワーグループ株式会社の特例子会社に認定。2004年より在宅勤務のトライを開始。以降テレワーク導入の先端企業として、行政から各種表彰を受賞。2019年には東京都から、障がい者雇用エクセレントカンパニー賞(東京都知事賞)を受賞。2020年屋内型プライベート農園を活用した障がい者雇用新サービス「トライスル未来工場」をリリース。
法人名:特例子会社 ジョブサポートパワー株式会社
代表者:代表取締役 小川慶幸
所在地:東京都立川市曙町2-34-7
ホームページ:https://www.mpg-jsp.com/